インテリアの重要な要素|セントラル浄水器を使えば水道水がミネラルウォーターに変わる
メンズ

セントラル浄水器を使えば水道水がミネラルウォーターに変わる

インテリアの重要な要素

照明

明るさには強弱をつけて

皆様のご自宅では照明にこだわっていますか。室内のインテリアの中でも照明は印象を大きく左右する重要なアイテムの一つです。室内工事の際に照明選びを間違えるとせっかくの家具や内装が期待するイメージとは異なる印象を与えますので注意が必要です。キッチンやダイニングルームは光源を多くして出来るだけ明るくすることをお勧めいたします。人が集まり会話をするスペースでは明るい照明が良いとされているからです。室内が明るい気持ちも明るくなりますので、コミニュケーションが取りやすいと言えるでしょう。逆に書斎や寝室は光を抑えにすると良いかもしれません。物事を考えたり落ち着きたい場所では通常よりも少し暗めにすると良いでしょう。この様に室内工事の際に明るさの度合に強弱をつけることで内装に上品さが生まれることでしょう。

室内工事の計画は綿密に

また、照明の光源色にもこだわりを持ちたいものです。心理学上赤色は興奮作用があり赤い光の下では人はアクティブになると言われています。食事をする場所ではこの赤色の光源の照明が良いかもしれません。また料理はなるべく真上から照明を当てると美味しそうに見えます。工事の際はその辺のこだわりを担当者に伝えるとイメージ通りの仕上がりになるはずです。寝室や書斎では青色の照明をお勧めいたします。青色は心を落ち着かせる効果があるためです。また、光はなるべく顔に直接当たらないような工夫が必要です。最近のトレンドは光源を板の裏に隠して反射する淡い光で室内を照らす技法です。ただし、これには大掛かりな室内工事が必要ですので、予算や工事担任者と相談しなから進めると良いでしょう。